塗装

多品種・少量生産に対応した、
フレキシブル塗装ライン!

サイズ

小さなものから
大物製品対応可能!

塗装種類

水性静電塗装
粉体塗装
溶剤塗装

方法

サクション塗装

その他、レシプロ塗装・手吹き塗装など

ロット

1個~OK!

HASのサクション塗装

塗装効率UP!
1個あたりの作業時間が40分の1!

※弊社手吹き塗装と比較した場合

HASのサクション塗装

異形管の内面の粉体塗装工程において、HASでは「サクション塗装」を採用しています。
サクション塗装とは、特殊なバキューム(吸引機)を用いて、塗料を散布したワーク内部を真空状態にします。真空引きすることで、ワーク内部の皮膜が均一になります。手吹き塗装と比較すると、一個あたりの作業時間は40分の1程度(当社比)になり、塗膜のムラがない安定した塗装が可能です。
また、内面塗装に使う塗料(エポキシ樹脂)は熱硬化性のため、加熱炉にて200℃まで加熱したワークに塗装することで、短い時間で硬化します。静電ガンの塗装は付着性を高めるために、ワークに+(プラス)の電荷を、塗料に-(マイナス)の電荷をかけ、両極で引き合うようにしています。

効率化された生産性の高い塗装ライン

サクション塗装による内面塗装後は、外面塗装工程へ進みます。
塗装ラインは、レシプロ塗装(レシプロケーター)と、職人による手吹き塗装の、HAS独自のハイブリッド塗装ラインです。水性塗料による静電塗装方法で、無駄な塗料の飛散を減らし、塗着効率の良い塗装を行っています。
また、サクション塗装工程時の過熱残温を利用して塗料の硬化を促進させることで、ライン内でハンドリングまで完結します。その結果、組付け工程へのロスタイムを無くしました。