パイプ・バルブ・マンホール
 幡豆工業株式会社 サイトマップ リンク
   
採用情報
採用担当者より
新卒採用情報
中途採用情報
エントリー
先輩の声
TOPページ採用情報先輩の声
 
先輩の声
製造部生産課   加藤 彰宏さん
こんにちは!!
「生命(いのち)の水を継ぐHAS」社員の加藤です。
学生の皆様!就職活動の調子はいかがでしょうか?
「どこの会社にしようかな…?」など、なかなか行動に移せなかった学生時代の自分を想い出します。
■今の仕事
私は幡豆工業の製造部生産管理課に所属しています。私の仕事内容は当社で鋳造された製品を東北工場と九州工場に送る指示、本社工場で完成製品にしてもらうための指示を出しています。

■1日の流れ
(鋳造工場、機械工場、仕上工場)3つの工場現場の流れを確認したり、特殊な製品を指示出ししたり、加工屋さんとの打ち合わせをしたりなど、色々な仕事に携わらせてもらっています。

■大変なこと
納期に焦ったり、文句を言われたりもします。ミスをすれば全体に影響する可能性があるので、緊張感を持ってミスを出さないように心掛けています。

■やりがい
製品が無事に完成し、出荷されたときには達成感が感じられます。おかげさまで自分の能力も向上するので、とてもやりがいがある仕事だと思っています。

ここ最近は若手社員も増え、みんなで遊びに行ってしまうほど元気の良い会社です。
技術部エンジニアリング課   石川 和幾さん
■今の仕事
上司・先輩の手伝いが、主な仕事です。エンジニアリング課の書類を作成したり、工事図面を書いたりしています。今月(H20年11月)から鋳造の品質を向上するための作業標準の見直し作業の手伝いをしています。これを機に鋳造の専門知識を身につけ、利益に貢献できたらと考えています。

■1日の流れ
事務所の掃除に始まり、ラジオ体操の後、始業となります。事務所にいる時はほとんどデスクワークで、パソコンのモニタと睨めっこしています。時々エンジニアリング課の手伝いで出張することもあります。行き先にも拠りますが、朝から夕方まで出ていることが多いです。

■大変なこと
雨の日の出張です。出張先の作業場所が屋内であれば、さほど問題は無いのですが、屋外での作業は合羽、長靴を身に着けていても濡れてしまいますし、また、事故やミスが起こりやすくなります。幸い、これまでに出張先では事故などは起こっていません。

■やりがい
新しい知識・技術を覚えた時です。これから新しい仕事にどんどん挑戦し、知識を深めていきたいと思います。
製造部機械課   水野 伸治さん
■今の仕事
マシニングセンタという機械を使って鋳造された製品の表面を綺麗に削ったり穴を開けたりする作業をしています。
またその機械が正しく動くよう点検、掃除するのも大事な仕事です。

■1日の流れ
朝出勤すると所定の作業をして機械を動かす準備をします。
加工する材料をセットしてスイッチを入れれば後は勝手に機械が完成させてくれるので、その間に次に加工する材料の準備をしておきます。
製品が完成したら次の材料と入れ替え、スイッチを入れるというのが基本の作業です。

■大変なこと
当然ですが機械はプログラム通りにしか動いてくれません。
なので設定を間違っていてもそのまま動いてしまい製品がダメになったり、最悪の場合は何千万円もする機械が壊れてしまう事もあります。
そうなると修理に時間とお金がかかり大きな損害を出してしまいます。
そうならないように細心の注意を払って機械を扱うようにしています。

■やりがい
最初は全く分からなかったプログラムの事が少しずつ分かるようになっていくのが楽しいです。
また、機械の操作方法だけでなく製品の事も教えてもらう事で色々な知識を増やしていきたいと思います。
 
 
 
Copyright(C) HAS Co.,Ltd All Rights Reserved.